お花の先生と市民文化協会の新年会に出席しました。

(荻野目洋子さんのダンシング・ヒーロー大人気!)


以下、いずれもたのしい画像です↓
○荻野目洋子×登美丘高校ダンス部(レコード大賞特別賞)

○ダンシング・ヒーロー御堂筋ランウェイ

○神田明神納涼盆踊り(東京都千代田区)

○バブリーダンス 登美丘高校ダンス部



荻野目洋子さんのダンシング・ヒーローの曲にあわせて高校生が躍るバブリーダンスを昨年の大晦日にはじめて見ました。
とてもたのしくて、素晴らしいと思いました。

そして、先日のことです。
お花の先生のお供で、市の文化協会の新年会に出席した私ですが、その最後の締めで「ダンシング・ヒーロー」にあわせて踊る、着物姿の年配の女性たちを目の当たりにしました。
ほんとうに、みんな楽しそうで、ノリノリでした。
会場もとても盛り上がり、私も楽しかったです。
文化協会の会長夫人のお話では「昨年、盆踊りではみんな参加しないけど、ダンシング・ヒーローをかけるとみんな踊りの輪に加わってくれるの」ということでした。
ダンシング・ヒーロー」現象は、みんなを幸せにすると思います。
高校生(小さなお子様も)から着物姿の(市の新年会では80代90代もいたと思います)老若男女たち、みんなを幸せにしてくれるダンスの輪がこれからも日本中に広がっていくといいですね!
(ちなみに、私は荻野目洋子さんの歌が好きで、当時購入したベストアルバムをいまも持っています♡)


以下、ご参考までにどうぞ。
神田明神といえば、平将門さまです。
その将門さまがいまを生きる人たちへ、メッセージを送ってくださっています。
「人はみな友だということを身をもって知りなさい。ささいなことでも、ともに泣き笑い、歌って踊る。そういう人の子の世を生きるよろこびを、いつも腹の底から湧き起こしてほしい」
神田明神納涼盆踊りで楽しそうに踊る人たちを見て、将門さまもきっとおよろこびのことと思います。


「真・将門記」の将門さまのメッセージはこちらです。

秋の一日、護国寺のお茶会に行きました。

束の間の一服
こんな一日もあってもいいでしょうか?

(東京・護国寺の山門。門の向こうに秋の青空と紅葉が一枚の絵のように切り取られて美しい…)

(お茶会が終わり、ご一緒した社中の方に撮していただきました)

洋服は、黒か紺が多い私ですが、着物は、薄紫が多いです。道行きコートも同系色で。ビニールに入った長いものは、長いも。ちょうど、この日は、境内で骨董市が開かれていました。手にしているのは、お店の人にいただいた長いものレシピ。

(お茶席に入る前の庭で撮した紅葉。寒くもなく、風もなく、ほんとうにおだやかな一日でした)

神田明神の献茶式に行きました…。

神田明神では、一ノ宮に大己貴命(オオナムチノミコト、だいこく様)、二ノ宮に少彦名命スクナヒコナノミコト、えびす様)、三ノ宮に平将門命(タイラノマサカドノミコト、まさかど様)の3柱がお祀りされています。
写真は、浦安稲荷神社です。 元は豊嶋郡千代田村にあったそうですが、天保14年(1843年)の江戸城拡張に伴い神田明神内に遷座


お家元の献茶式が終わったあと、お茶を一服いただいたのち、二服目のお茶席には入らず、境内を散歩しました。緑が美しい季節となりました。
何度も参拝している神田明神ですが、着物を着て出かけたのは初めてでした。

(一度は、列席したかった「神田明神」での家元献茶式にはじめて行きました。とても広い白いテントの中で行われました。式の終了後、退出される家元ほか、みなさまの姿を真ん中の通路側に座っていた関係で間近に拝見することができました。ご奉仕、お疲れさまでございました。)

続「痛風には岩塩」…。」


(記事とは全く無関係ですが、ビールではなくアフタヌーンティの時間に…)

きょうは、続「痛風には岩塩」を書いてみたいと思います。

当ブログのなかで繰り返しよく読まれている記事のひとつに「岩塩で痛風の痛みをなくします」があります。2011年12月15日に書いた記事ですから、いまから4年以上前に遡ります。


わたしは痛風にはなったことはありませんが、ビールが好きな人にとっては、忘れたころにやってくる痛みのようです。


久しぶりに「家人」の許可を得て、登場してもらうことに。こっそりとハンカチを床に敷いて、こっそりと岩塩を敷きつめて、足の甲にもまぶしてハンカチで巻いたあと、サランラップでくるんで、次に靴下を。背中を向けるようにして黙々とこなしているのは、「また、飲みすぎたの?」という私の言葉を嫌っているからだとおもいます。


ところが、翌朝になって、いつもと違うことに気づいてからがたいへん。

「岩塩が効かない!」と言いはじめたのです。

これまでの岩塩がなくなったあと、あらたに買った岩塩「七五○○」(なんでもたくさんの大陸や海の複合塩だそうです。効果があることを微塵もうたがいませんでした)が効かないというのです。


「えっ」と思った私は、スーパーで売っている明石の塩や鳴門の塩の効果を調べてみました。


こちらのほうは「痛風」に対しての効果は60%もあるのに、この「七五○○」はほとんど%がないのです。


家人の話では、翌日になっても、お塩がそのままの状態で毒素をとってくれていない感じがするというのが実感なのだそうです。


「このままだと、仕事に行けない!」という悲痛な言葉に(仕方なく…)、緊急エネルギーを一日に6回ほど施したものの、これまでの「蒙古塩」が届くまでの2日は、たいへんでした。


ということで、岩塩といっても、「たくさんの場所からの複合」は、???



よっぽど、スーパーのお塩(精製されていない)のほうが急場をしのげることを身をもって(家人の身をもって、ですが…)体験するという結果になりました。悲痛な体験でもありました。


これから夏の季節に向かうにあたり(この痛風の記事については、ビールのおいしい季節になるとヒット数がふえるような気がします)、わたしとしても、責任があるので、岩塩といっても、たくさんの場所の複合(チベットと蒙古の複合はとても効果的でした!)のものは「痛風」には効かない場合があるということを、きゅうきょ、お伝えしておかなければとおもいました。

 あと、家人の話では、サランラップを巻いたあと、ガムテープでとめなかったそうです。また、そのあと、スーパーのビニール袋で足全体をくるむのもしなかったそうです。きちんと、しないと効果もいまひとつなのかもしれません。
きちんとした手順は、↓「過去の記事」をよく読んでくださいね。
岩塩で痛風の痛みをなくします

初釜のときを、あっというまに過ぎて…。

(あっという間に三月も終わります。今年の初釜の日に…。春入千林處々鶯(はるせんりんにいりてしょしょにうぐいす))


1月決算のため、決算資料を作り終えて、税理士事務所に送付。通帳などのコピーを宅配便にて発送しつつ入力データはメールで送るという作業でしたが、不備を指摘されて該当資料を探したり、メールでの事細かな質問に答えたり、担当の方と何度かのやりとりののち、やっと終了。 


税金を三月末までに支払うということに決まっているのですが(決算から二ヵ月以内に書類を作成して、税金額を計算するのだそうです)、間に合いました。



今年の初釜は1月11日の成人の日にありましたが、
あいかわらず、毎日時間に追われている身としては、その一日を味わった前後については前後不覚の状態です。


決算については、小さな規模の会社なので、税理士さんにお願いするまでもないと思うものの、ずっとお願いしています。


以前は、すべて(レシート類なども)丸投げ状態でしたが、締切間際にそれをやるので、嫌がられていたことと思います。ただ、先方から指摘されることはなかったので、わからず(こんなにたいへんな作業は嫌がるのは当たり前だと思いますが…)。すぐに送られてくる分厚い総勘定元帳(ほんとうにプロの仕事は素早いですね!あっという間でした)を見ても、いまだにどこを見ればいいのかさっぱりわかりません。



少しずつデータ入力しておけば間際になって、必死にならなくてもいいのですが、いつもこのパターンになります。


来年こそは! 少しは滑り込みセーフをさけるように心がけたいと思います。


そして、恒例の取材仕事も始まりました。


その打合せで、一昨日は銀座に。中国人の旅行客の姿が少しだけ少なくなったような気がしました。


銀座松屋の「つぼ八」で編集長にランチをご馳走になりました。特性の桜の花のお塩を振りかけて、揚げたての天ぷらをいただきました。おいしかったです。

いつも、ご馳走さまです!!



*初釜のすぐあとに、大雪が降った日がありましたが、またしても転んで骨折した社中の方が…。
脳しんとうまで起こされたので、つい最近までお稽古をお休みされていたのでした。
去年につづき、骨折の猛威はつづいています(つい最近も、バスを降りるときに段差を踏み外して足首を骨折した方もいます)。
みなさまもくれぐれも骨折にお気をつけください。

メリー・クリスマス&ハッピー・クリスマス!

メリー・クリスマス&ハッピー・クリスマス!

John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)


世界が平和でありますように!




(昨日、銀座で写したイルミネーション)